読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

常に究極の選択をせまられる『太陽の末裔』

『太陽の末裔』10話まで見ました。
バルカン半島ウルク(架空の地名)だそうですが、その地で展開する国連の平和維持活動をモデルにしたドラマ。
毎回、何かしらの極限状況が設定されシジン(ソン・ジュンギ)は軍人として、モヨン(ソン・ヘギョ)は外科医として、究極の選択を迫られます。
韓国には兵役もあるし、PKOの戦闘部分にも参加しているので、その分、現実的な問題としてドラマを見る気持ちは日本の視聴者以上でしょう。そしてそれが中国大陸にも飛び火して、中国の視聴者がこのドラマの中毒にかかっているとか・・・。
アラブ系のVIP、亡くなったアラファト議長を思い起こさせる人物が倒れる。緊急手術をしないと命が危ないが、側近たちはこれを拒む。信頼のおける主治医を呼ぶというのだが。
このVIPの警護チームとシジン率いる特殊部隊が互いに銃を向けあう緊張状態の中で、モヨンが手術をする。

当地で大地震が起きて、建設中の太陽光発電所が倒壊する。中に閉じ込められた作業員を救出しようと奮闘する派遣部隊員たち。
助け出された作業員、だが命を峻別しなければならない。機材も医師も不足しているのだ。助ける命と残念ながら治療を断念する命と。その印のリボンを付けて回るモヨン。でもここでちょっと気になるのはモヨンのショートパンツ姿。やっぱりスラックスはいていてほしい。
脚を見せたいというスッタフの魂胆だろうが、いい加減そういうのやめたら?と思う。

もう一組のカップル
ソ・デヨン(チング)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)。

デヨンはいわゆるたたき上げの軍人。ミョンジュは司令官という幹部を父に持つ軍医。モヨンと同期で医師修行をした間柄。
チングはビョンホン主演のドラマ『オールイン』で少年時代を演じましたが、実にうまかった。感心した記憶があります。いわゆる甘い二枚目ではありませんが、演技のうまさでそのポジションを得ている感があります。
ジウォンの方は超美人。司令官の父とあまりに違いすぎる。ちなみに一時都知事候補にと期待された嵐の桜井君のパパと息子の翔君は似てましたね。ほんとの親子ってそういうものでしょう。韓ドラもそういうところもう少し気を使ってほしいわ。
ミョンジュの父はエリートコースには乗らないデヨンを婿にしたくない。シジンを婿候補にと考えるのですが・・・。
こちらの恋の行方も気になるところですが、9話ではついに交際を許す代わりに軍人をやめて他の職業に就けと要求する。
軍隊って究極の縦社会。下っ端の軍人が自分の娘の相手なんて許せない司令官パパです。