読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

『獄中花』母を裁けるか明宗

『獄中花』48話まで
ご無沙汰してしまいました。『獄中花』あと数話をのこすのみとなりました。
意識不明だった明宗王ですが、奇跡的に意識を取り戻しました。ここで死んでもらっては困ります。
明宗には後継になる王子がいません。幼くして亡くなってしまったようです。
王が倒れたことでにわかに次の王になるべき世子を決めなければという話になってきます。
大妃やウォニョンらの小尹派は王族の中から自分達の意のままになる者を後継者に選ぼうと動き始めます。
病いから目覚めた王は遂に母である大妃が東宮東宮殿の女官達を毒殺した罪を明らかにする決意をする。
その役目をテウォンに果たさせようと持ちかける。
テウォンは自分の父であるウォニョンとその妻ナンジョンをこの事件の実行者として捕らえる。それを知った大妃はオクニョを捕らえ、解放を迫る王にならばウォニョンとナンジョンを解放せよと条件を出す。

よく似たドラマ『夜を歩くソンビ』と『夜警日誌』。
ホームドラマチャンネルで放映中ですが、どちらもこの世の者ならぬ者達が登場するファンタジー時代劇で、混同してしまいそう。
ソンビの方はイ・ジュンギ、夜警はチョン・イル。
韓国では今こういうこの世を超越したようなドラマがトレンドなのかな?
ペ・ヨンジュンの『太王四神記』がそのはしりだったような。
チョン・イルは中性的な美しさが特徴ですね。以前来日した時、日本の記者達にお母さんが自ら染色したハンカチをプレゼントしたとか。イル君のオモニも「息子ファースト」の韓国の母ですね。