読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

『獄中花』 朝鮮王朝時代の弁護士=外知部

『獄中花』38話まで
オクニョは王の娘?
オクニョに残された母の遺品にあった「髪飾り」。それは中宗が(チャングムでおなじみ)情をかけた女官に与えたもの。だとするとオクニョは中宗の娘?王女?
オクニョの養父チ書吏殺人の疑いで逮捕される。
ナンジョンの商団で行首をしていた男が殺された。この男を典獄署からひそかに解放する役目をしたのがチ書吏だった。いい加減な捜査で斬首刑にされようとしている養父を救うためにオクニョは奮闘し、裁きの場で堂々と父を弁護し、裁判官に当たる兵曹は再捜査を命じる。
昭格署廃止の攻防
昭格署とは占いで国の行く末を決めたりする所。
朝鮮王朝は儒教の考えをもとに政治を行うことを基にしているので、儒学者達はこの役所を廃止したいと思っているが、昭格署を拠り所にして政治権力を握っているのが明宗の母である大妃やその弟、王にとっては叔父にあたるウォニョン達である。
「民は天ではなく王が守る」と明宗は昭格署の廃止に乗り出すが、大妃はこれに対してハンガーストライキで対抗する。母親にこれをやられると息子としては弱りますよね。
テウォン外知部(弁護士)を育てる決意をする。
法に無知な罪人に代わって役人に対して申し開きをする弁護人。かつてはこうした人たちがいたのだが、政府の手によって追放されてしまった。オクニョの奮闘を見て、テウォンは再びこうした人たちを育てようと決意する。
これがこのドラマの核心なのですね。外知部が活動する世の中。それは一方的な裁きで罪人にされることのない世の中ということになります。
チ書吏は「疑わしきは罰せず」の原則に従って釈放されます。

キム・テヒとピ結婚
このところ韓国芸能ニュースウォッチしてなかったので見逃していましたが。
ソウル大卒の優等生テヒとやんちゃなイメージのあるピの組み合わせ、ちょっと意外でしたが。
キム・テヒと言えば意地悪な女役の「天国の階段」とビョンホンと共演の「アイリス」が思い浮かびます。ピの方は「フルハウス」。
テヒさんが36歳にもなっているのには「えっ?」でしたが、思えば韓国ドラマを見始めたのは10年以上前からでしたからね。お互い年を取ります。