読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

父と息子の絆は切れぬ『獄中花』18話まで

『獄中花』18話まで
世は凶作のため、囚人の収容所である典獄署では食事は一日一回ということになってしまう。
これを何とかしようと、オクニョはテウォンと組んで、ナンジョンの強欲を利用して、秘かに金鉱採掘の話を持ちかける。金鉱の採掘は国の事業で民間が勝手に採掘することはご法度であった。しかしどこまでも欲の深いナンジョンはこの話に乗るのですね。
結局用意した金をだまし取られてしまうのですが、禁じられていることをしたので大騒ぎするわけにはいかない。泣き寝入りです。
オクニョたちは奪った金でコメを買い、囚人たちに食事を提供する。
だけどこれも一時しのぎ。次に考えたのは囚人たちを外の労働に出して稼がせて自らの食費をうみだすこと。製塩労働に目を付ける。塩水を窯で炊き煮詰めて塩にするのです。
この塩を入札にかけ、最低価格で落とせば市場を独占できる。今まではナンジョンひきいる商団が独占していて、自分達のいい値で引き取らせていた。これを打ち破るには平市署(市場管理庁)に公正な入札をしてくれるように頼まなければならないが、大行首はテウォンに「それを父のウォニョンに頼め」とアドバイスする。「お前の役に立ちたがっている」というのだ。「それを利用しろ」と。
このへんが微妙ですね。ウォニョンは姉大妃の権威を笠に着て、横暴を繰り返す男なのですが、やはり息子を捨てたことは後悔している。
ウォニョンは妻より息子を取り、平市署長官に話をつける。
ナンジョンはテウォンの商団の価格を盗み取り、損を承知でそれより低い価格を入札する。
しかしこれがテウォン側のねらい目。テウォンの商団は塩を軍に卸して利益をあげたのだった。
お忍びで民の生活状況を視察して回っていた時の王明宗(ミョンジョン)からの情報だった。身分を隠してオクニョに近づいた王が味方についたのだった。
この明宗はチャングムでイム・ホさんが演じた中宗の息子ですね。この明宗の前に王位に就いた仁宗はたった一年の在位。30歳で亡くなっている。ここに毒殺されたのではという話がドラマとして成り立つ。
明宗の母、現在の大妃と弟のウォニョン、それに従う官僚達が組んだ陰謀がこれから明らかにされていくのでしょうが、明宗王は約20年間王の座にありました。それなりに安定した時代だったのでしょう。

パク大統領スキャンダルを先取りしたドラマ『密会』。
私もこのドラマ楽しみに見てましたが、ここに登場する金持の奥さんが娘を無理矢理音楽大に入れる手口が今回のチェ・スンシルのやったこととそっくりで、おまけに娘の名がチョン・ユラといって同じ名前なのです。脚本家は「偶然だ」と言っているようですが、このドラマでも芸術財団が不正に裏金作りをしていることが描かれ、ヒロインは快適な生活と引き換えにその裏金作りに加担するのでした。
これはケーブルテレビで制作・放映されたドラマなのですが、今回のスキャンダルを報道した最初はこのケーブルテレビだったようです。
大手は政権ににらまれるのが怖くて見て見ぬふりをしていたのですね。