読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

いつから?ドラマ出演者とコマーシャルのセット

秋の日本新ドラマ
「逃げるのは恥だが役に立つ」
ハンガリーのことわざだそうですが、星野源の無表情な草食男子が妙に気になります。
いかにもIT企業の社員という感じで、パソコンで契約書作ったりするのはやたら得意。
今の時代は生まれた時から環境が整っていて、それを乱されるのは嫌という人たちが増えているような気はします。
結婚生活というのはその意味で最大の「乱され行為」ですよね。
それで「契約結婚」というか、家事を職業としてやってもらうという形を取るわけですが、これは相手になる女性、名前覚えてませんが、が住むところが無くなるということで「それならば結婚と言う形式でその問題を解決しよう」というので始まった形ですが、その前にお互いの存在が嫌じゃないという前提がありますよね。まあ着地点はおのずからわかりますがね。しかし同棲から結婚となったとたんにうまくいかなくなるケースも現実の世の中にはありますけど。

「シェフ~三ツ星の給食」
こちらは大量調理のシーンが見どころ。
どういうところで撮影するのかしら。そこだけ社員食堂みたいなところで撮影して合成するのかな?
この間は元三ツ星シェフの天海祐希さんがいろんな種類のトマトを買ってきて、おとなにも子供にも「美味しい」と言ってもらえるナポリタンを試作するシーンがありましたが、あんなにたくさんのトマト、撮影後はみんなで持ち帰るのかな?なんて思ったり。
食べ歩きや飲み歩きの番組も、続けて何軒も撮影するのでしょうから、当然最初の一口、一杯であとは残すわけですよね。カメラマン、その他スタッフも一緒ですから、その人達が残りを食べる?お持ち帰りもありかしらね。
とにかく「もったいない派」の私はそういうところが気になります。「捨てないで!」。

「砂の塔」
タワーマンションに住む奥様方のバトル。
地方に住む私はタワーマンションを実際目にすることはありませんが、高層階ほどお値段が高いのですね。そこで何年度からかしりませんが、相続税とかで低層階の住人とは差をつけることを政府が考えているそうですが。
何年か前にママ仲間で子供のお受験をめぐって、平常心を失ってしまったお母さんがリーダー格の人の娘さんを殺してしまうという「お受験殺人」事件というのがありましたが、あれは同じ幼稚園に通う子供を持つ仲間での話でしたが、こちらは住まいが同じマンションというさらに閉塞状況に追い込まれる装置が背景です。
とにかく今のママさんたちは大変です。
かつて、そう30年前ぐらい前までは、子供にそこまで気を使って育てていなかったんじゃないかな。

とにかく今、民放ではドラマ作りは投げてる気がします。
だって、間に入るコマーシャルに出演者がニコニコして出てきますよね。さっきまでのドラマ上とは全然べつの顔して。ドラマ台無しです。
セットにしないとスポンサーがつかないのでしょうか。
視聴者をなめてます。