読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

イ・ビョンフン、チェ・ワンギュのコンビ『獄中花』(衛星劇場)

身分を隠せ』を見ていて潜入刑事って役者に似てるって思いました。
ヤクザ、娼婦、借金取り立て屋などその状況に応じて人物になり切らないと見破られてしまう。
まあ、ヤクザは日ごろ接している相手なのでお手のものかもしれませんね。「ミイラ取りがミイラになる」のことわざどおり、ヤクザに転身と言うか転落してしまう警察官もいますからね。私は60年代ぐらいに作られた東映のヤクザ映画なんかもケーブルテレビで見ますが、そんな設定結構多い。
初めて韓ドラを見始めた頃から10年以上たって、日本で放映されるドラマもどんどん過激なものが増えているような印象があります。
何しろ韓国は北と敵対関係で向き合っていて、成人男子に「徴兵の義務」がある国ですから、男ならだいたい銃器の扱いを心得ている。刑事だけでなく、犯罪を犯す側もそうなのだから「いつやられるかもしれない」という恐怖感は強いと思います。
アメリカの警察官もそうですね。アメリカには徴兵制ありませんが、「自分の身は自分で守る」という考え方の元、銃を持っている人が多いから警察官が過剰反応するんだと思います。
特殊捜査員が追う犯罪者組織の目的は紙幣のポログラムコードをシステム会社から盗み出して贋金を作ることのようですが・・・。

衛星劇場で『獄中花』放映始まる。
チャングム」、「トンイ」のイ・ビョンフン氏の演出。脚本は「ホジュン」、「商道」で組んだチェ・ワンギュ氏。
女性のサクセスストーリー。
時代は1540年代、中宗の時代、チャングムと同時代ですね。
典獄署という今でいう刑務所で産声をあげ、オクニョ(玉女)と名付けられた少女が刑務所の中の雑役係である茶母(タモ)をしながら成長していくのですが、運勢を見る天才で、監獄ですから刑罰に関する法律にも詳しくなり、のちにその知識で頭角を現していくようです。ただの茶母がそうなっていくにあたっては学問を教えてくれる先生がいるわけで、その先生は犯罪者とされて、獄につながれている人なのです。
イ・ビョンフンさん、いくつぐらいの方かしら。次々に新しいドラマを作り出す才能がまだ枯れていません。