つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

フクシマ事故汚染下の東京オリンピック

池江里佳子さんの白血病堀ちえみさんの舌癌
特に池江さんの白血病は「あら、何で」という気がしますが、若い人がかかる「不治の病」の代表と言えばこれ。韓国ドラマといえば「白血病がヒロインを襲う悲劇」として、安易に白血病に仕立てるなと思っていましたけど、現実になってしまいました。
池江選手の白血病福島原発事故による放射線被害の影響ではとする説もあります。池江選手は東京の江戸川に住まいがあるようで、政府は認めませんが関東地方が広く汚染された可能性は否定できません。
安倍首相は「原発事故はアンダーコントロ―ルされている」と招致の演説でのべましたが、何ら根拠のあることではなく、当時も批判されていました。
医療の進歩は目覚ましいものがありますが、環境汚染も進んで医療の進歩とデットヒートを演じているような・・・。

地方空港とスキー場は外国人客で復活

地方空港とスキー場の復活
各県に最低一つの空港なんてどうするんだろうと思っていたらこれがいつの間にかアジア、特に中国、韓国、そしてベトナムからの直行便が入るのにとても便利になっているという。
地方の活性化の一つとなっていたスキー場開発もスキー人口が減って閉鎖されるところが増えていたのに、これも中国でスキーに興味を持つ人が増えて北海道はもちろん青森でも中国人客が増えているという。
日本の雪質はパウダースノーの所が多くてこれは他の国にはない特徴のよう。
その上スキー場は温泉とセットになっているところも多く、これも外国人客には「おう!ナイス」な特徴でしょう。
日本国内と日本人だけで考えていると先細りですけど世界で考えればそんなことはないのですね。
外国の人とは仲良くしましょう。どこかの国が日本を攻めると考える人達は自分がそういうつもりがあるからでしょう。
殺人の道具=軍備ばかりにお金を使う世界はもうやめにしないと地球が持ちません。

飛行機の乗務員のアルコール検査は何時から厳しくなったのか

インフルエンザが猛威をふるっているようです。
私は予防注射をしていません。病院に入院して点滴ばかり受けていたので、しかもなかなか入りにくい体質なので、しばらく針を刺したくない。人ごみにはなるべく出て行かないようにして、この時期は家にいます。
マスクは予防にはならないと言います。拡散させないようにするにはいくらか効果があるようですが。
一番寒い時期ですが日脚だけは延びてきまし
た。ただ夜明けは相変わらずです。7時近くにならないと明るくなりません。

パイロットや客室乗務員の飲酒問題の不思議
アルコール検査でまだアルコールが基準値を超えている例がよくニュースになっています。あれ?昔はどうだったんでしょうか。
格安航空が参入するまではパイロットはもちろんスチュワーデスと言われた客室乗務員は花形職業でした。勤務時間もゆったりしていて、アルコールが身体に残っているなんていうことはなかったのか?それともそういう検査はしていなかった?

バナナと香料

この時期食べる果物は?というとりんご、みかんといったところでしょうが、バナナは一年中食べられますね。
私は殆ど食べませんが、私が子供の頃はバナナは高級果物。今のマスクメロンのようなあつかいで、果物屋の飾りのメインの位置を張っていました。
それがいつだったか正確には覚えていませんが、貿易自由化によりあっという間に庶民の果物になりました。
日本に入って来るのはフィリピン産が殆ど。リンゴやミカンよりも安い。なぜこんなに安いかというと多国籍企業が仕切る大農園で大規模に作られているから。バナナを買うとシールが貼ってありますがそれを見ると企業の名前がわかります。
安く作るためには当然現地の農民が搾取されています。それと農薬を散布して作るのでその被害を受けるのも現地の農民。
こういうことを知らずしてただ「安い、安い」と喜ぶのはいい加減やめないといけない。コーヒー園なんかもそうですね。
フェアトレードとかエシカルバナナとかその商品がどういう状態で作られ運ばれてくるか考える運動もあります。知らないままで済ますのは知らず知らず罪を犯しているのと同じ。
私がもう一つ気になっているのは香害。テレビのコマーシャルでも匂いを消すというかごまかす商品の宣伝がやたら多いように思います。こんなもの信じて使っていると「化学物質過敏症」になって苦しむことになるので、よけいな香料をまき散らさないようにしたほうがいい。
私が済んでいる地方の新聞でも洗濯に使う柔軟剤の匂いがきつくて悩んでいるという投稿が一時目に着きました。自分は使わないけどお隣からというようなもの。
柔軟剤に香りはいらないんじゃないでしょうか。洗濯物が固くなってくるのには確か酢が有効だとおもいましたが・・・。

稀勢の里復活なるか

市原悦子さんが亡くなりました。
「家政婦は見た」はそんなに熱心にみていたわけではないですが、個性的な女優さんでした。
生の市原さんの「朗読」を聞いたことがあります。この時はグリム童話の朗読でした。
本当は恐ろしいグリム童話の中の作品でした。
大相撲初場所が始まりました。稀勢の里復活なるか、相手は我が長野の出身御嶽海。この初日ばかりは稀勢の里に勝ってもらいたいような複雑な気分でしたが、御嶽海完勝。
手取り165万円という懸賞金の束を片手でかっさらっていきました。
稀勢の里」どうしたというところですが実戦から遠ざかっているということはこういうことなのでしょうね。
新大河『いだてん』。現代劇なので私にはおもしろかったですが。
昨年は「成人式晴れの日」詐欺でワイドショーがにぎわいましたが、この3連休は比較的天気がよくて晴れ着のお嬢さんたちにはさいわいでしたね。
寒さの本番はこれからですね。

お正月の雑煮でお餅食べるのそろそろやめようかな

穏やかな元日でした。出かけたくなる気持ちはよくわかります。
元気のいい若い人なら人の集まるところへ行きたくなる。
原宿では大変な事件が起こり、私は何年か前の「秋葉原事件」とよく似ているとまずおもいました。
四日の日もお天気よかったのででかけました。「仕事始め」ということですが学校はまだ休みなので小中高生がいっぱいでした。
物の整理を始めている私はレコードを引き取ってくれるというお店に古いレコードを何枚か持って行きました。結局は廃棄処分になるようですが・・・。
お餅を詰まらせる事故もありました。そろそろそんな年齢になってきました。小さく切ってお雑煮にしていますが、「どうしてもお餅を食べなきゃいけない」わけでもないのでそろそろお餅食べるのやめようかな。大福もちでものどを詰まらせた人がいました。大福もおもちですもんね。

2019年がよい年になりますよう

一年が暮れようとしています。
昨年は手術などで大変でしたが、何とか日常を取り戻し今は「終活」=物の整理に励む毎日です。
今はドラマもすっかり見なくなり見ているのはまんぷくだけ。
戦後まもなくは大儲けしていると思われると税金で徹底的にねらわれたのですね。
何しろ戦時中の隠匿物資で大儲けするワルもたくさんいて、そういう要領のいい人は権力のある人に手を廻してお目こぼししてもらい、万平のような正直な者が「スケープゴート」にされた。今もその構図は変わりませんが。
政権与党の政治家のお金の問題はスルーされている。
大相撲と駅伝・マラソンの中継を見ることは私の楽しみの一つになりましたが、裏へまわるとスポーツの世界もどろどろ。暴力やシゴキと言うかパワハラ・セクハラの問題が尽きない。
地元の私の出身中学がなぜか「駅伝」で突出している。指導者が優れているのでしょうが良い成績を維持するために無理が出て来るのではとそちらが心配になってくる。
部活はほどほどに。人生長いですから。
地球温暖化で気候が激しくなっていて、大雨に地震と被害がどこで起きるかわからない時代ですが、私の住むところは大雨や台風被害の少ない処です。地震だけはわかりませんが。
2019年が少しでも良い年になるよう祈ります。