読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ夜咄(旧韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホン)

韓ドラ・懐かし映画・時々ビョンホンのリニューアルブログです。内容少し変更

弱小領主のドラマが続くNHK大河

弱小領主の話が続くNHK大河ドラマですが、『真田丸』の方は救いがある感じでしたが、『女城主直虎』の方は悲劇的すぎます。
三浦春馬が演じた直親は、子供の頃は暗殺を避けて信州に逃れ、やっと領主として戻ってきたと思ったら、今川に切り殺されてしまう。
真田家も井伊家も徳川について幕末まで生き残った大名ですが、そこまでになるには涙ぐましいドラマと犠牲があった・・・。
4月からの新ドラマでは『リバース』を見てます。リバースとはテープの逆廻しとか車の後退ギアなどを指す言葉のようです。
大学時代を共にした4人が10年後、一緒に旅行した仲間の死をめぐって、忘れたい過去に否応なく引き戻されるストーリー。湊かなえの原作。この人の作品はいつも人が普段押し隠して忘れている過去に引き戻されるというパターンが多いですね。ミステリー風なんだけど、本格的ミステリーとはちょっと違う。

六条御息所の怨霊
京の都は御所のある二条あたりが最高級の貴族が住まうところ。六条というと相当中心からは離れた場所ですが、先の皇太子妃が今の天皇に遠慮して、こうした離れた場所に邸を優雅に作りなして住んでいるという設定。そこへ行く途中の五条といえば庶民が多く住む場末ですね。そこに左大臣の息子という身分の高い頭中将の愛人夕顔が中将の正妻の嫉妬を避けて住んでいる。
この女夕顔を源氏は人の住まなくなった荒邸に連れ込んで思い切り楽しもうとしたところが、夜中、女は物の怪に取りつかれ死んでしまう。この物の怪が六条御息所の嫉妬が怨霊となって夕顔の命を奪ったと語られる。
だいたいがこの頃の貴族の女性は部屋の奥にいてあまり体を動かさない。不健康な状態でいるので、お産で命を落したり、原因不明の病いで短命な例が多い。男性の方が長生き。「源氏物語」でも女性が若いのに源氏より先に死んでしまいます。紫の上とか。
夕顔の侍女の右近に尋ねると、夕顔の両親は既に亡く、後ろ盾を失った夕顔は頭中将の思い人になったという中流貴族の身分の女性。頭中将との間に女の子が一人いる。後に玉鬘という名の女性として登場する。
女を廃邸に連れ込んで、しかもその女が死んでしまうなど、一大スキャンダルです。ですから源氏のそば近くに仕える惟光という家来に後始末を任せ、右近は源氏の邸に引き取り。女の子を世話していた乳母は突然女主人がいなくなり、仕方なく夫の任地の九州に連れて行ったという次第。

いつも楽しませてくれるビョンホンファンイベント

イ・ビョンホンオンツアー2017に行って来ました。
最終日中野サンプラザ。近頃年のせいで疲れ気味。以前ほどの情熱はないのですが、それでもファンイベントには気合を入れ直して出かけます。やっぱりイベントはいつもながら楽しめるように構成されていて「行ってよかった」になります。
今回のコンセプトは「アワード(賞)」でした。
15年から16年にかけてビョンホン氏は芸能関係の様々な賞を受けたんですね。特に心に残っているのは「青龍大賞」の主演男優賞だったとのこと。韓国での映画賞の中でも3本の指に入る権威ある賞なんですね。「インサイダー」の演技が対象ですかね。
今回ビョン氏のキャラクターで中心になったのはイ教授夫人のHANAKO。前回のイベントから登場するようになったキャラクターですね。ビョン氏のファンの中心である中高年おばさまをイメージしたキャラ。これ、とっても生き生き自由に演じている。好きなのね女装キャラが。
日本の今流行のダンスパフォーマンスも。ピコ太郎と恋ダンス恋ダンスの方はドラマ見ていて、楽しそうな踊りと思っていたのでみんなに受け入れられたのはわかりますが。ピコ太郎の方は何でなんでしょうね。そういえばマツケンサンバというのが流行したこともありましたね。
日本の伝統芸に挑戦というので事前にビデオ撮りしたものが上映されました。花・陶芸・書でしたが、花のお稽古では着物姿も披露されて、似合ってました。花材にアイリスがあったんだけど、指導してくれた若い女性の先生はドラマ「アイリス」はご存じなかったようで、ビョン氏空振りでした。
陶芸はむしろ中国や朝鮮の方が本場だとは思いますけど。
書は子供の頃習ったと言ってましたが、ハングル文字でしょうか、それとも漢字も?
ハングルに関してはとても達筆だと言われてますが、「出逢い」の文字はいい感じに書けてると思いました。
そして何といっても会場を沸かせてくれたのが「コスプレフォトコンテスト」。ファニーというテーマでコスプレを披露されたファンの中から6人の方が選ばれ、その写真がステージに大きく映し出されるという、ファンにもパフォーマンスの場を今回考えてくれたんですね。なにしろ日本のファンクラブが設立されて10年を越えましたからね。スターとファンとしてステージと客席に分かれて向き合うところから肩を並べて交流しあうという関係に少しづつシフトしていってるような。
ファニーという観点でベスト賞を獲得された方、今の気持ちはに対して「なーんも言えね」という北島康介状態でした。
そして今回日本のゲストとして中村獅童さんが来て楽しませてくれました。歌舞伎の方ですからね、パフォーマンスは大好き。ミエを披露してくれました。ビョン氏も負けずに。歌舞伎には相当関心を持っているような・・・。韓国は芸能の国ですからね、伝統演劇はあるとは思いますが。
獅童さんは人間ドックで検診を受けるという話をしていました。この間、勘三郎さんや三津五郎さんなど若くして亡くなられる方歌舞伎に多いですからね。ビョン氏はまだそういうことはしてないようですが「した方がいいよ」と皆さんの声が聞こえました。
獅童さんやたらに「妻が妻が」と言うんですよね。一度失敗してますからその失敗をくりかえさないようにと思っているのでしょうが、ビョン氏のステージでそこまで強調しなくても・・・。
最後は恒例になった「お見送り」。でも今回は握手はなくてオリ?の中のビョンホンさんの前を一人づつ通過するだけ。やっぱり?千人との握手は無謀ということになったのでしょうか。今回開始時間が午後3時ということでファンの皆さんの帰りの時間を考慮したということもあったかと。
中野サンプラザはトイレの数が少ないのでしょうか。ほぼ女性ばっかりですしね。長い列ができて「お見送り」に間に合わないと用を足さずに我慢して戻って来られた方もかなりいたみたい。私も帰りにトイレに寄ってからと思ったんですが、長い列がイベントが終わっても続いていたので、あきらめて駅のトイレに行きました。

六条御息所と夕顔の対比

源氏17歳。都の六条あたりに忍んで通う女性ができる。前の東宮妃でゆくゆくは皇后になろうかという人だったが、東宮が亡くなってしまい、宮中を出て六条に邸を構え、優雅な生活を送っていた。東宮との間にできた女の子が一人いるが、年は源氏よりかなり上である。
若き日の源氏は母の桐壺の更衣が早くに亡くなってしまったこともあり、年上の女性に惹かれる傾向があった。藤壺宮、正妻葵上、空蝉、夕顔もそうなよう。中でも一番の年上がこの六条御息所と称される前東宮妃。この未亡人に憧れる貴公子は多くて、そんな若者達の教養サロンになっているのが彼女の邸。
最初は年の差を気にして源氏によそよそしかった御息所でしたが、源氏は熱心に口説いて契りを交わす。望みを達したとたん、源氏は憂鬱な気分になってしまう。あまりに完璧な年上の人。自分も完璧を求められている気がして、これでは正妻葵上と変わらないではないかと足が遠のきがち。しかしそれも悪いなと思い、二条にある自邸から牛車で向かう。途中五条あたりで、乳母だった人が病気で臥せっているというので見舞いに立ち寄ろうと思い車を止めさせる。その時ふと隣を見ると生け垣に白い花が咲いている。お付きの者に尋ねると「夕顔といい、このような粗末な垣根に咲くものです」と答える。
女たちが何人かいるようで、すだれの向こうからこっちを見ている様子。源氏はお供の者に「一枝折ってまいれ」と命じる。お供が垣根の中に入って折ろうとすると、童女が出て来て香を焚きしめた白い扇を差し出し「これにのせておあげなさいまし」と言った。その扇には歌が散らし書きしてある。女の側からの誘いかけである。源氏も早速歌を返した。そして惟光という一番近くで仕えさせている者に隣の家の女主人について調べさせるのだった。
そして相当な身分の女が隠れ住んでいて、どうやら源氏とはいつもライバル関係にある葵上の兄、つまりは義兄の頭の中将と関わりのある女だなと気づく。
さてこの女性夕顔と源氏は夢のような束の間の時間を過ごすことになる。六条御息所とは対照的な自己主張をしない、ただ源氏の意のままになる女、それでいて幼いというのとも違う。後にわかるが頭の中将との間に女の子も生んでもいる。
源氏は様々な女性と契りを交わしていくが、何かというとこの夕顔をいつも思い出すのだった。

大妃の死で時代が変わる『獄中花』完結

『獄中花』最終話まで
大妃の死。
大妃は「殺生簿」=暗殺名簿を作り、自分達と敵対する大尹派の謀反をでっち上げて一掃しようとします。それを弟のユン・ウォニョンに命じる。ウォニョンはその名簿の中に息子テウォンの名を見つけ、テウォンを呼んで「都を離れろ」と忠告する。
大尹派は次々捕らえられ、大尹派のリーダーイ・ミョンホンは屋敷を襲われ暗殺されてしまう。オクニョも襲われるが危うく難を逃れた。
それを知った王は自分の無力をつくづく悟り、「譲位」を決意する。
大妃は必死に説得するがかえって王に責められる。

我が息子を王の座に就けるために邪魔になる存在を次々に死に追いやってきた大妃は、そんな過去を息子の王に否定されて一挙に生きる力を失い危篤となり死んでしまう。
こうして形勢は逆転。ウォニョンとナンジョンは逃れて隠れ家に潜むが、ナンジョンの配下として働いていた商団のミン行首は自分達を見逃してくれるならとテウォンに取引を持ち掛け隠れ家を教える。
捕らえられたウォニョンとナンジョンは軟禁されるが、ナンジョンは次第にオクニョにいつか襲われるという幻影におびえるようになり、隠し持っていた毒薬をあおる。それを見つけたウォニョンも後を追う。それは王の命令で「毒をたまわる」使者が到着する直前の出来事だった。
王女のオクニョは王宮にという王の希望だったが、オクニョはあえてそれを断り典獄署の改善に取り組み、そのために自分が行首を務めていた商団の利益と人材を提供する。
オクニョとテウォンの恋の進展が気になるところですが、それは描かれず、罪人として捕らえられた人々の弁護をする外知部の仕事にさらに打ち込むという結末でした。
日本の場合、武家政権になって天皇はお飾り的存在となり、暗殺だのなんだのという争いとは王家は無縁になりましたが、古代ではけっこう血と血で争う歴史がありました。日本の時代劇はそのへんのあたりはあまりやりませんけどね。多分それは今も天皇家が存在するからでしょうね。

『獄中花』母を裁けるか明宗

『獄中花』48話まで
ご無沙汰してしまいました。『獄中花』あと数話をのこすのみとなりました。
意識不明だった明宗王ですが、奇跡的に意識を取り戻しました。ここで死んでもらっては困ります。
明宗には後継になる王子がいません。幼くして亡くなってしまったようです。
王が倒れたことでにわかに次の王になるべき世子を決めなければという話になってきます。
大妃やウォニョンらの小尹派は王族の中から自分達の意のままになる者を後継者に選ぼうと動き始めます。
病いから目覚めた王は遂に母である大妃が東宮東宮殿の女官達を毒殺した罪を明らかにする決意をする。
その役目をテウォンに果たさせようと持ちかける。
テウォンは自分の父であるウォニョンとその妻ナンジョンをこの事件の実行者として捕らえる。それを知った大妃はオクニョを捕らえ、解放を迫る王にならばウォニョンとナンジョンを解放せよと条件を出す。

よく似たドラマ『夜を歩くソンビ』と『夜警日誌』。
ホームドラマチャンネルで放映中ですが、どちらもこの世の者ならぬ者達が登場するファンタジー時代劇で、混同してしまいそう。
ソンビの方はイ・ジュンギ、夜警はチョン・イル。
韓国では今こういうこの世を超越したようなドラマがトレンドなのかな?
ペ・ヨンジュンの『太王四神記』がそのはしりだったような。
チョン・イルは中性的な美しさが特徴ですね。以前来日した時、日本の記者達にお母さんが自ら染色したハンカチをプレゼントしたとか。イル君のオモニも「息子ファースト」の韓国の母ですね。

『獄中花』母妃に牛耳られる明宗

『獄中花』44話まで
明宗、オクニョを守るためオクニョを側室にして宮中に迎え入れようと思いつくが・・・
一方、カン・ソノは元従事官のイ・ミョンホンからオクニョが東宮殿の女官カビと中宗との間に生まれた子であることを聞き出す。
カビは中宗の正妃(明宗の母)が、自分の息子を王位につけるため、前妃の子である東宮を毒殺しようとして毒を盛る現場を目撃してしまう。東宮殿に計画を知られてしまったことに気づいた妃は東宮殿の女官を片っぱしから死に追いやっていく。カビは従事官のミョンホンと共に逃亡する。ミョンホンとカビはお互いに心を寄せ合う仲だった。但し王宮に仕える身では結婚することはできない。
逃避行の間にカビが妊娠していることがわかる。中宗とたった一夜を共にしてできた子供である。それを知ったミョンホンはカビとお腹の子を守るために追手と戦いカビを逃がす。カビは妃の弟ウォニョンの配下に追われひん死の状態で典獄署でオクニョを生み息絶えたというのが真相だった。
オクニョと明宗は異母兄妹。側室にという申し出をオクニョは受けられないが王に真相を語ることもできない。真実を知れば母妃が自分のために犯した罪に王は苦しまなければならない。
このドラマは史実とは距離を置くストーリーですが、実際明宗の母妃は明宗を王位につけた後、後ろ盾として権力を握り、王は自分の思うような政治はできなかったというのが通説だそうです。
そして王は持病の心臓の病いで倒れてしまう。心臓に病いがというのは今まででてこなかったので唐突な感じがしますが、母妃に抑え込まれてストレスたまる生活ではあります。
唐突といえば、ウォニョンの正夫人に納まったナンジョンの従兄のチョン・マノという人物がヤンジ村というところで横暴な地主としてふるまい、そのために一家が破滅し、その恨みでマノに切りつけたとされる若者が典獄署に送られてきます。
外知部という弁護人の組織を作ったテウォンは裁判の場で道理を尽くして若者の弁護をしますが、ナンジョンの権勢になびいている捕盗庁の幹部は取り合わない。現代の裁判所も同じですね。
明宗は意識不明の重体。オクニョは明宗付きの女官の手引きで王宮に秘かに入り、王を見舞う。
ドラマはいよいよラストに入ってきました。

作者式部が反映した空蝉「源氏物語」

「雨世の品定め」
久しぶりの「源氏物語」です。
長雨の続く梅雨の頃、宮中では宿直担当の貴公子達が退屈しのぎに今まで付き合って来た女たちのあれこれについて感想を述べあいます。
話題は「中の品の女性に結構いい女がいる」という話になっていきます。この場合の「中の品」とは貴族の中でも中流階級、家の格でいくと「受領階級」地方長官、今の時代でいくと県知事ぐらいの位になります。源氏の作者紫式部の家がこれにあたります。
帝の息子である源氏はまだそのような女性と付き合った経験がありません。話に加わらず、寝たふりをして聞き耳を立てます。にわかに興味が湧いてきました。上流の貴族の女性は「箱入り娘」かやたらプライドが高い、男からすると付き合いにくい相手が多かったようです。
そこへいくと中流の女性は父や夫について京の都から地方に下る経験もしていて、何かと見聞が広くて話も面白いなんていうところもあったのかな?
源氏が中の品の女性と遭遇する機会がやってきました。それが「方違え」という平安時代の習慣。
陰陽道で悪いとされる方角は避けなくてはならない。吉の方角の家に一泊して自宅に帰る。
この日、左大臣家は悪い方角にあたっていた。そこで紀伊守の邸に泊まることになった。ここで源氏は紀伊守の父親である伊予介の若い後妻空蝉と一夜の契りをかわすことになる。
平安時代寝殿造りの家は基本的に壁がありません。部屋はつい立てや屏風で仕切って使う。
空蝉一行もたまたまその日、方違えかどうかはわかりませんが、何かの事情で紀伊守の邸に滞在していて、源氏の一行が同じ邸に泊まることを知ります。空蝉の侍女たちはもう大騒ぎ。
源氏も眠れるわけはありません。かすかなほの暗い灯りを頼りに空蝉の寝ている場所に忍んでいきます。こんな場合、女性は大騒ぎして人を呼んだりしません。相手は帝の息子です。恥をかかせるわけにはいかないのです。
「空蝉」の巻の読みどころはこの契りのあとにあります。その後、源氏はまた空蝉に会いたいと手紙を送りますが、空蝉はそれに決して応じようとしません。するとますます執着するというのが人の心というものですが、空蝉はわかっていたのです。軽々しくそれに応じればやがて飽きられて捨てられる。しかも自身は人妻です。
空蝉と呼ばれるこの女性は本当の名前はわかりませんが、何とか機会を作って忍んでいった源氏をするりとかわして後には衣だけが残っていたということに由来します。つまり蝉の抜け殻が蝉の形のまま残っているのと同じ状態というわけ。
賢明な女性空蝉。後に伊予介が死んで息子の紀伊守が妻にしようとしますが、これを受け入れず行き所のなくなっていた空蝉を源氏は二条院に引き取ります。空蝉は未亡人ですから出家をしていましたが。